HOME > 學部?學科紹介 > 情報メディア學部 : 情報メディア學科 > 情報メディア學科ブログ > サウンドプロジェクトで生楽器のPAを體験!
情報メディア學科ブログ

サウンドプロジェクトで生楽器のPAを體験!

RSS 2021年10月19日

サウンドプロジェクトで、生楽器の演奏者を迎え、実際に演奏することで、音響(PA)の実踐を行いました。

2週にわたって行われたサウンドプロジェクトの生楽器PAシリーズの2回目として、今回は、ドラムセットにエレキギター、エレキベース、アコースティックギター、ボーカルを加えたバンド演奏時の、マイクの置き方や、チューニング(調整)の仕方、サウンドチェック、リハーサルから本番への流れを學びました。

ギターは卒業生で音楽講師の平田裕一さん、ベースはプロのベーシストの笠井亨さん、そして、アコースティックギターとボーカルは本學の柴山一幸準教授が務めました。音響監修は、伊藤英彥講師が行いました。

緊張感のある実踐的なプロジェクトで、ライブやコンサートが行われるときの音響スタッフの仕事について、プロフェッショナルなアドバイスを受けていました。

この內容をしっかりと理解して、音響の実務について學生たちがさらに研鑽していくことを期待しています。