HOME > お知らせ > 世良準教授が中日新聞の取材を受けました
お知らせ

世良準教授が中日新聞の取材を受けました

2021年10月27日

 令和3年10月26日(火)、情報メディア學科世良清準教授が中日新聞の取材を受けました。

 これは10月23日(土)の夕刊「ハイ編集局です」欄に掲載されました"あと104回 新イオンでも獻血"という世良準教授が投稿した記事がきっかけでした。

 取材では、ご自身の経歴や獻血を始めたきっかけ、獻血の目標についてなど1時間半ほどお話しされました。中學3年生から今も行っているオリエンテーリングにおいて、大學生になり所屬クラブに赤十字関係の方がいらっしゃったことや赤十字の救急の資格を取得したことから、獻血を始められたそうです。18歳からこれまでになんと620回もの獻血をしたとのこと。高校教諭の仕事で忙しく空いた時期もあるそうですが、健康に気を付けないといけないと思い再開。感謝狀は規定回に贈呈されるそうですが600回到達時にいただいた感謝狀が目標を決めるきっかけとなり、獻血ができなくなる70歳までに、まずは誕生日の7月24日にちなんで724回、さらに可能であれば名古屋にちなんで758回達成を目標にされているとのことです。また今月27日にオープンするイオンモール名古屋ノリタケガーデンでは初日の1番を予約し獻血をする予定だそうです。健康のチェックにもなるため自分のためにと思って行っているそうですが、50年近く続けている行いはとても素晴らしく、また地域に貢獻されていると思います。

 「若い人は自分でできることを見つけ出してやってほしい」と継続力のある世良準教授の一言には説得力がありました。

 仕事以外でも地域に貢獻できることはたくさんあります。皆さんも何か始めてみませんか?

 なお今回の取材の內容は今月末の朝刊「この人」というコーナーに掲載される予定ですので、ぜひご覧ください。

一覧へ戻る

資料請求 大學案內?入試資料?出願書類など
  • 入試案內
  • オープンキャンパス

line_soudan.png

singakunandemo.png

kengaku_ptn.png

dpan_ptn.png

side_portal.gif

図書情報センター

douga2.png

情報公開

sns.png

ぶんり

名古屋文理大學外部認証評価結果報告

  • 稲友會(同窓會)
  • 學生自治會
  • 名古屋文理大學短期大學部
  • 名古屋文理栄養士専門學校
  • 學校法人滝川學園
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365 TEL:0587-23-2400(代) FAX:0587-21-2844
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
中阳县| 福贡县| 江油市| 白城市| 雷山县| 邢台县| 文化| 抚宁县| 积石山| 邯郸市| 门源| 蓝田县| 武胜县| 襄垣县| 岳阳市| 洪江市| 城步| 寻乌县| 长白| 兴化市| 乌鲁木齐市| 库车县| 集贤县| 青川县|